顔の肌の状態を指す言葉で、主に色素沈着がない白い肌を美白といいますが、洗顔が美白の肌を手に入れるには基本だといいます。
肌には元々の色合いがあるので、どれだけ洗顔をしても純白にはなりませんし、それだけで美白にはなれません。
元々の肌の色味もさることながら、シミやくすみなどの無い、なめらかな肌を指すのが、美白という言葉です。
日本では昔から色の白いは七難隠すと言われるほど、きれいな色白の肌が好まれてきましたが、現在に至っても、美白は好まれるという価値観は残っています。
多くの人が美白を目指してスキンケアを行っており、美白に効果的な洗顔剤や化粧品などがたくさん販売されています。
メラニン色素によって作られるのが、美白の大敵であるくすみやシミです。
紫外線対策は美白を目指す人には、メラニン色素は強い紫外線などの影響によって作られるので必ずしなければならないものです。
美白に重要なのは、日頃から正しい洗顔をすることや、肌のお手入れを行うことです。
美白対策の中でも特に重要なことは洗顔であり、保湿です。
すぐに美白成分を配合したスキンケア用品などにしみやくすみができると頼ってしまうのですが、洗顔で肌を清潔に保つこと、たっぷりの化粧水などで保湿をすることを、はじめに行ったほうが良いでしょう。
そもそも人間の肌は約28日周期で入れ替わるものです。
新しい皮膚と古い皮膚が、洗顔や保湿で肌を健康な状態に保つことでスムーズに入れ替わり、白いきめ細かな肌を維持できれば、美白の肌になることも可能なのではないでしょうか。



たっぷりの化粧水などで保湿をすること・・・これ大事だね


(C)美白の肌を手に入れるには